2015年3月8日日曜日

災害対策教育/イングレスを使った避難場所と経路の事前学習

Ingressにはミッションというメダルがある。事前に用意された複数のポータルをたどってハックを行ったりなど、要求される連続したアクションを完了すると、評価ポイントがつくというものだ。このミッションは自由に作って申請することができる。

住居や勤務先近辺の災害時避難先候補や避難経路を事前に体験するために、Ingressのこの「ミッション」を利用するのはどうだろうか、と思いついたのでここにメモしておく。

自治体が率先して地図をつくって地域に配布しても、すべての人に行き渡らないし、地図を入手しても意識して見る人は少ないだろう。もちろん、Ingressのプレーヤーだけが学習しても仕方ないことだが、少しでも学習した人間が大規模災害時に誘導の役割を果たす可能性を期待したい。

また、普段の行動範囲だけではなく、右も左もわからない旅先などで、まず近くの避難経路ミッションを行う習慣を、旅行会社なり観光地が推奨するというのもアリ?