2014年12月23日火曜日

外国語を英語で学ぶ/Rocket Languagesの紹介(ステマではない)

オッサンとして思うのは、若い人には、英語だけではなくそれ以外の言語も見境なく学んで欲しい、ということである。なんちゃってレベルでいいし、挨拶だけでもできればそれなりに役に立つときもある。それより、役に立つという貧乏臭い考えは抜きで学ぶという贅沢な気持ちがあってもいいのではないか。

どうやって新しい言語を学ぶのか。NHKのラジオ講座系は定評がある。実際、オススメできる内容だと思う。が、しかし、やはり英語もブラッシュアップしたいところではないか。他言語を学びながら英語力も向上させるいい方法がないものか。貧乏臭い考えはいかがなものか、と言った舌の根が乾かぬうちに、そういう貧乏臭い考えがよぎるのである。

となると答えは一つである。英語で他の言語を学ぶというスタイルである。実際、一度中国語を学んだ時に、そういうコースをやってみたことがある。当初は無謀かと思われたが、文法の説明を聞くレベルだと高度な英語力は必要とされない。せいぜい、各品詞がわかっていればいいような気もする。わからないときの質問を英語で行わなければならないのは少々つらいが、質問パターンもそれほど多くはないわけで、あらかじめ質問パターン集を用意しておけばいいのである。

結局、スクールに定期的に通うというのはなかなか難しいもので、最終的には挫折というよくあるオチになったが(金もかかる)、英語で中国語をというスタイル自体は悪くなかった。

ここでオススメしたいというか、少し使い始めた教材がRocket Languagesである。

まず、彼らの主張である「Rosetta Stone(ロゼッタストーン)やPimsleurと何が違うか」というブログから、ポイントをまとめてみた。

<Rosetta Stone>
ある言語を学ぶ際、母語で学ぶのではなくその言語にどっぷりつかる方式をとる。子供が母語を学ぶ際にはどっぷりつかる方式がいいのだが、既にある母語を習得している場合には効率がよろしくない。

<Pimsleur>
CDを一括で買ってひたすら聞くスタイル。テキストがないのはいかがなものか。

マーケティング用記事であるから、あとはRocket Languagesの売り文句が続く。すべて正解ではないだろうが、実際コンテンツとその構成、あとアプリケーション類はよくまとめられていると思う。

費用は言語によって違うが、助かるのは、毎月費用がかかるというサブスクリプション形式ではないところ。初回費用だけでずっと使えるというのが、Rocket Languagesの売りとなっている。もちろん、このスタイルのため、申し込みをしただけで安心してしまい、後が続かないということになりがちである。

自分も$100弱でアラビア語コースを申し込んだ後、相当の期間放ったらかしにしていた。が、メールが定期的にくることもあり、最近再開したという次第である。


以下脱線:いずれにせよ、語学に限らず、学習は続けることが難しい。最近流行りの反転学習とかMoocs(Massive Open Online Courses)も、コンテンツはいいとして、続ける仕組み、続けさせる仕組みの設計が一番重要だと思われる。今後、Moocsは一般化していくだろうが、結局は、どこかに通って誰かの監視の元で学ぶ、または勉強会的に時間と場所を共有しつつ個人個人は別のことを学ぶ、というような感じになっていくのではないかと予測する。また、Moocsは大量にあるので、どれが役に立ったか、わかりやすかったかなどの評価サービスのニーズもあるはずなので、この周辺でビジネスもあり得るだろう。

ちなみにRocket Languagesで学習可能な言語は
  • スペイン語
  • ロシア語(近日開講予定)
  • ポルトガル語
  • 韓国語
  • 日本語
  • イタリア語
  • ヒンズー語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • 英語
  • 中国語
  • アラビア語
  • 日本語で英語
  • スペイン語で英語
となっている。ベトナム語やミャンマー語などのアジア系言語のコースができることを期待したい。