2014年11月28日金曜日

Kindle紛失対応マニュアル

eInk系Kindleによる読書は快適なため、肌身離さずということになりがちである。電車で読む、トイレで読む、メシ屋で読む、風呂で読む、歩きながら読む、ということになる。結果、読書中断でデバイスを脇におき、それを忘れるということも増える。

今までKindleを紛失したことが二度ある。一度は駅のトイレで用をたす際に、台の上にKindleを置いて紛失。電車に乗って気づき、翌日忘れ物センターに行ってみたが、届けはなかった。そして、最近、飲み屋で自分の席の横に置き、そのまま忘れて出てきてしまった。さいわい、今回はすぐに気付き、お店に電話して事なきをえた(実際には複雑な経路で手元に返ってきたのだが、省略)。

iPhoneと同じく、Find My Kindleみたいな仕組みが欲しいところだが、それはそれとして、紛失が判明した際、何をやればいいか(クレジットカードをなくしたときと同じ)。

1.PCで自分のアマゾンアカウントを開き、「カテゴリーからさがす」→「コンテンツの端末と管理」を選択する。


2.対象となるデバイスを選び、「登録の解除」をクリックする。


これで、Kindleの各デバイスとAmazonアカウントの接続は切られる。なぜこれを行わないといけないかというと、アカウントが接続されたままだと、本が購できるからだ。いたずらで高価な本を購入されないため、Kindle、Kindle Paper White、Kindle Voyageを紛失した際には、まずこの作業を行うことをおすすめする。3GでもwifiでもKindleでネット接続が行われた時、アカウントの接続が解除されるようだ。

もちろんパスワードを設定しているなら不要な対応だが、Kindleを開いてすぐに読みたいいので、自分はパスワードをかけていないし、今後もかけない。

ただ、既にKindleにダウンロードされた本を読ませないことはできない。アカウントが解除されても、ダウンロードされた本は読める。逆にいうと、紛失されたKindleが見つかったら、アカウントの設定を行うだけで、本の再ダウンロードは行う必要はない。

iOSやAndroidのKindleアプリケーションも、デバイスを紛失した際には同様のことをやる必要があろだろうが、タブレット紛失時にはもっとたくさんの対応をしなくてはならないだろうし、遠隔からタブレット全体のデータを消すこともできるようなので、Kindleだけに限った対応をしてもしかたない。

ちなみに、iOSのKindleアプリケーション単体では、本の購入はできない。購入はブラウザから行う。Andoid系はアプリケーション単体で本の購入が可能