2014年3月30日日曜日

中国語書籍をKindleで読むとどんな感じか

中国語の書籍をKindleで辞書を使って読んでみるとどんな感じになるのか、辞書がどんな風に機能するのか知りたいこともあり、調べた。まず日本のAmazonで中国語書籍のKindle版が買えるかどうかだが、どうやら可能。Kindleストアの「洋書」を選択し、「中国語」で検索すると、以下なような感じになる。Languageのところに「616」という数字があるのでそれだけの点数があるのだろう。






安い順にならべて、子供向けの読みやすそうなものということで、アインシュタインの伝記(100円)を購入。





まずはPaper White。中国語の単語を検索して中国語で意味が出てくる中中(汉汉)辞典は入れていたのだが、よく考えると中国語の単語の意味を中国語で説明されてもさっぱりわからない。というわけで中日辞典が欲しかったのだが、残念ながら無料で入手可能な中日辞典がKindle辞書のラインナップにはなかったため、中英辞典で代用することに。単語を長押しすると、当たり前だがその説明が出てくる。これは特に問題ない。




ところが、単語の選択がどうも難しい。英語は単語が分かれているので、特に問題はない。日本語は、漢字とひらがななどの文字種の差が単語の切れ目になっていることが多く、Kindle側もそのあたりはうまく処理してくれるようで、簡単に単語が選択できる。しかし、中国語の場合、Kindleの方で単語の区切りを判断してくれて簡単に単語が選べるかと期待していたのだが、そうではなかった。自分で単語を選ぶ必要がある。この図の場合「思想家」という単語を選択したのだが、一文字一文字丁寧に選ばないといけないので神経を使う。結果、「思想」の意味が表示されている。下の方にスクロールすると「思想家」という単語も出てくる。

中国語は、ある程度わかっていて単語の区切りの見当がつけられないと、辞書をひくのも面倒だということがわかったわけである。

ちなみにiPadの場合はこんな感じである。「中中(汉汉)辞典」なら、ピンインも出てくる辞書もあるので発音も見当がつくのだが、「中英辞典」だと発音記号がないのが残念。



以上。