2013年7月25日木曜日

Yammer-Webサイトの各ページにURL単位でコメントを残すブラウザプラグイン

Yammerから、Webサイトの各ページにコメントを残すChromeのプラグインが出た。Facebookで、各ページにコメントが残せて、それがタイムラインにも反映させる仕組みがあるが、そのイントラ版だと思えばいいだろう。

こんな感じの画面構成になっている。


あるページにアクセスして、何かコメントを残したければ、コメントエリアを表示させて、書き込む。そして、それがYammerのタイムラインにも反映される。


そして、同じプラグインを入れた同じネットワークの他Yammerユーザがアクセスした際には、コメント数が表示されて、何かコメントがあることがわかるような仕組みになっている。

以下のような使い方が考えられる。

  1. Webサイトのページ修正で利用。指示者が修正依頼をページ上で行い、作業者がタイムラインで気づき、そのページ上で具体的に確認できる。作業が終われば、作業数分のカウント数を減らせられればなおよい。
  2. Webサイト改善に向けて社内からコメントを集める際に利用。営業が、顧客からの指摘点をWebサイト制作部隊に連絡するなど、だろうか。
  3. イントラネットでも利用できるので、URLが一意に定めらえるものなら何でもコメントを適用できる。ECMSや商品データベースなどで使えば、社内SNSとダイレクトに連携して「通知機能」を持つメタ情報システムが利用可能となる。


これはECMSであるAlfrescoで使った例。Alfresco自体にもコメント機能はあるが、社員全員が日常的に使うツールにその内容が通知された方が使い勝手がいいのではないだろうか。非常に単純な機能拡張ではあるが、企業内システムを一変させる可能性をはらんだ内容だと感じた次第。

で、以下のような機能追加が欲しい。

  1. 作業が完了したら「数字」の消込が行えるような仕組。ページに関する残作業がどれぐらいあるか一目でわかる。
  2. エクスターナルネットワークへの書き込みも行いたい。これができれば外部制作会社やないしは顧客にも、「ダイレクトに」業務い参加してもらえる。

<追記>
Yammerのヘルプセンターに、このプラグインがエクスターナルネットワークでも使えないか確認したところ、以下の回答が得られた。


「Thanks for the feedback. Unfortunately it's not currently possible to select a different network in the extension, but it's a feature we're looking at implementing.

Keep an eye out for updates to the extension.」

期待せずに待つこととしたい。