2012年10月28日日曜日

Kindleライブラリの統合(Consolidation)

アメリカのAmazonでKindleライブラリを持っている人で、日本のAmazonにライブラリを統合したいという要望は多いと思う。ところがこの「統合(Consolidation)」で失敗するケースが多いようなので、自分の経験をメモがてら記録しておく。

まず、米Amazonのデバイス登録住所を日本にしなければならない。自分は、Kindle2を当時ワシントン駐在の友人に買ってもらっていたのでその住所を使っていた。アカウント本体の住所を日本に変更し、「Manage Kindle」の画面に入ると「Conslidateしますか?」と表示されるかと思っていたのだが、これが表示されない。

これがわかるまで時間がかかったのだが、アカウントの住所とKindleの登録住所は別管理になっているのである。そして、Kindleの住所を日本に切り替えると果たして「Conslidateしますか?」のメッセージが表示された。喜んでクリックしたが…「Unable to consolidate」となってしまう。

米Amazonにサポート依頼のメールは出してみたのだが、時間がかかりそうだと判断し、日Amazonのサポートに問い合わせしてみることにした。


アカウントサービスの最下部の「カスタマーサポートに連絡」をクリックし、上記画面で「電話」を選択。そうすると、電話番号を入力するよう促されるので携帯の番号を入力すると、ほぼその瞬間に電話がかかってくる(これは本当に大した仕組みだと感心するばかり)。

サポート担当者に状況を説明すると、Kindle関連のハードウェアを事前に注文していると、そのKindleアカウント情報が邪魔をして統合がうまくいかないとのこと。そこで、注文したKindle Paper Whiteを一度削除して、米AmazonのWebサイトから再度統合にトライしたのだが、これまたうまくいかない。

気がつくと、日本AmazonのKindleライブラリに注文したことのない英英辞典が一冊表示されている。これは、Kindleデバイス注文者に対する無料プレゼントらしいのだが…どうやら、日本AmazonのKindleライブラリに何か(本またはデバイス)登録されていると、統合できないようなのだ。

最後、オペレータに米Amazonの登録情報(メールアドレスと住所)を口頭で述べて、本人確認した上で、手作業で統合が完了したのである。

結論:統合前には日本AmazonでKindle関連の買い物は一切してはいけない。何か買い物をしてライブラリに情報が入ると、通常のプロセスでは統合は行えないので電話サポートを依頼するのが一番早い。

たぶん、同様の状況は多く発生していると思われるので、Amazonのことだからアルゴリズムを修正してすぐに対応するのではないかと考えている。