2011年7月30日土曜日

Air Display

Air Displayは、iPad用のアプリケーション。iPadをPCのサブディスプレイとすることができるという点では、MaxiVistaと同じなのだが、OSXでも使える(MaxiVistaはWindowsのみ)、あとミラーモードが使えるという点が違う。


ちなみに、OSXのVMwareで使う際には、Air DisplayはOSXモードで利用し、VMWareの表示メニューから「すべてのディスプレイをフルスクリーンで使用」とすればよい。


さて、MaxiVistaと違うメリットは、Windowsの場合のみだがミラーモードが使えることである。自分のPC画面を見せて操作したりプレゼンしたりと、ちょっとしたプロジェクターとして使うことができるわけである。ちなみに、OSXでデモをする際にはiPad用のVNCを使えばいい(TeamViewerを使って同様のことも可能だが、外部ネット接続が前提であり、レスポンスはよくない)。WindowsでのデモもVNCでできそうなものなのだが…自分は何度やってもだめだったので、Air Displayということで。

なお、上記すべての環境を利用するためにはiPadとPC/Macが同じネットワークに接続していることが前提となるが、無線LANルーターがあるときは問題ないとして、そうでないときはネットワーク接続を共有してiPadとMacを接続する。この方法で接続した際、無線LANが占有されるため、普通のネット接続ができないという問題点が残る。あと、無線LANルーターがないときに、iPadとWindowsPCをつなぐ方法はこちら