2009年7月30日木曜日

小遣い帳の効用

小遣い帳をつけると無駄遣いが減らせるという話を聞き,実際そうなのかを確かめたいということで,実験をやってみて1年以上が経過した。で,効果はかなりある,という報告をしたい。

単に小遣い帳をつけるだけでも無駄遣いは減る。理由は以下のとおり。

まず,記録をつけるたびに無駄遣いについて考えをめぐらせることになる。つまり,記録をつけるたびに反省をする機会に遭遇する。次に,記録をつける のが面倒なので,できるだけお金を使う機会を減らそうとする。たとえば,自分の場合,1ヶ月に財布を開く回数は約180回だったのが,現在では100回前後に減っている。

ここまでは予想通り。もちろん,これでも充分な成果なのだが,最近あることに思い至った。それは,小遣い帳の「分類」についてである。少し前まで, 普通の家計簿の感覚で,交通費,食費,雑費といった当たり前の分類を行っていたのだが,この分類はあまり役に立たないのである。

で,思い至ったのは,小遣い帳の目的である「無駄遣いを減らす」という観点で分類項目を考えなくてはならない,といいうこと。すなわち,必須,無駄 かもしれない,明らかに無駄,といった感じの分類をするのである。で,まず明らかな無駄をなくすように考えて,次に無駄かもしれない出費の,たとえば 30%をカットするというように考えればいいわけだ。

結論。

無駄遣いはさておき,データベースの項目の設計は,目的というかコンテキストによって異なってくるのであり,汎用データを用意しておき,それをいろいろ利用しようというのは簡単ではない,ということ。